読書

【人生の攻略法を学ぼう】おすすめビジネス書を紹介する

スポンサーリンク

たか

皆さん、ビジネス本を読んでますか?

読書をすれば、自分の知識がどんどんついていきます。

今回の記事では、ビジネス書に関連する本をまとめています。

この記事の内容

ビジネス書のレビュー記事

皆さんが少しでも読みたいと思える本に出会うきっかけになったら嬉しいです。

人生の攻略法を教えてくれる本の紹介

ここでは、ビジネス書を紹介させていただきます。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

この本をおすすめする方

  • タイトルに惹かれた方

  • 仕事で成果を上げたい方

  • 仕事を終わらせていきたい方

この本の作者は、windows95というかパソコンに右クリックと呼ばれる概念をつくった方です。

彼は、いいます。

日本人は、「なるはや病」が蔓延していると。

日本人は大抵、仕事をふられる時に「なるべく早く片付けてくれ」と言われる。

依頼された側が意図的に期限を聞かなければいけない。

一方で、アメリカでは確実に期限ありきで仕事が進む。これが日本とアメリカでの効率性の違いであると述べている。

また、仕事の効率を上げるためには、余裕を持つことが重要である。

時間をうまく使い、余裕を持つことで、人は2倍以上の能力差がある人にも、時間の使い方次第で勝てる。

以下のことを仕事をする上で覚えておくと良い。

仕事の心得

  • 兵は拙速を尊ぶ
  • 100点は無理ということを理解する
  • 全ての仕事は必ずやり直しになる

また、本書では、ロケットスタート時間術を提唱している。

これは、まず2割の時間で80%までもっていく。

そして、どうせ仕事をふられるため、仕事を早く終わらせることよりも、仕事を安定して続けることを意識すること。これで、あなたの仕事は終わるだろう。

この本は、全社会人が読むべき本だと思う。

アクションプラン

  • 速さを追求する

  • 仕事の期限を毎回確認する

  • ロケットスタート時間術を使う

Amazonで購入

 

楽天で購入

稼ぐことから逃げるな

この本をおすすめする方

  • 就職活動をしている方

  • 自身のキャリアについて考え直したい方

  • 自分がこの先、どうすべきか悩んでいる方

ビジネス戦闘力を大きく高めることで、お金からも時間からも自由になれるということが本書での主張です。

そのビジネス戦闘力の一つの基準として、30歳で年収1000万円を達成できるかどうかである。

著書の株本さんは、コスパ重視・目的地に最短距離で向かっていることが大事だという。

また、ビジネス戦闘力が上がる会社に勤めることが重要になってくる。

具体的には、ヒト・モノ・カネを動かせること

ベンチャー企業などの会社規模が小さい・裁量権がある・実務でスキルと人脈が積み上げられることを勧めている。

また、耳が痛い話ですが、30歳地点がほぼ人生のゴールだと書かれています。

周りの人を幸せにして、潤わせて、人の課題を解決し、人の役に立っている人が結果的にお金を手にしている。

この原則を忘れずに、あなたは全人口が参加する競技であるビジネスに立ち向かっていかなければなりません。

さあ、自分の仕事感を変えたい方は、ぜひ本書を手に取ってみて下さい。

アクションプラン

  • 周りの人を幸せにできることを探す

  • 自分自身のキャリアについて、考え直す

Amazonで購入

 

楽天で購入

ライフピポット

この本をおすすめする方

  • キャリアについて考えたい方

  • これからの人生のルールについて知りたい方

ライフピポットとは、以下の定義となっています。

ライフピポットの定義

過去の経験による蓄積を足場にして、着実に新しいキャリアへと一歩を踏み出す考え方

また、キャリアの転換は以下の公式によって決まっています。

蓄積 + 偶然 = 転換

この公式通り、経験による蓄積と偶然が自身のキャリアを転換するためには必要になってきます。

また、昨今の時代で人生のルールが変化しました。

人生のルール

  1. 人生の長期化
  2. ライフスタイルの短期化
  3. 世界の変化の加速

我々は時間と場所に囚われずに、自分の好きなように生きることが可能になっています。

また、キャリアを構築していく上で信用と信頼の違いを明確に区別することが大事です。

信用 → 単方向で客観的な評価

信頼 → 双方向で主観的な評価

何かを成し遂げるためには、信用信頼が必要不可欠です。

信用と信頼を高めるためには、どんなことをしていかなければならないのかをこの定義から逆算していくことが大事になります。

アクションプラン

  • 信用と信頼を使い分ける

  • 今後のキャリア形成に役立つような経験を積極的にする

Amazonで購入

 

楽天で購入

超訳 孫子の兵法 「最後に勝つ人」の絶対ルール

この本をおすすめする方

  • 勝つとは何かを知りたい方
  • 勝つ人の条件を知りたい方

  • 孫子の兵法を読んだことがない方

孫子の兵法は、ソフトバンクの会長である孫正義氏やマイクロソフトのビルゲイツ氏も戦略の教科書としてあげている本です。

孫子の兵法自体は、紀元前500年頃に書かれた書物が時代を超えても読み継がれていることはすごいことですよね。

この本では、孫子の兵法をわかりやすいかつ重要だと思われる部分がまとめられています。

孫子の兵法では、勝負ごとにおいて以下のようなことが書かれています。

ポイント

  • 出たとこ勝負は敗者の戦い方
  • 負けパターンを頭に叩き込んでおく

また、プロであるということは、「できて当たり前」。

褒められたら恥くらいでないと、人生の勝利者にはなれないとも書かれています。

このあたりは、読んでいて頭がいたくなりました。

さらに、これは有名な話ですが、負ける理由はいつも自分にある。

この言葉だけは、常日頃、自分の心の中にしまっておきたいです。

皆さんも、この世の成功者が読んでいる「孫子の兵法」読んでみませんか?

あなたの心に刺さる言葉が絶対にあるはず!

アクションプラン

  • 情報収集に労を惜しまない

  • 目標設定(人生設計)をする

  • 過去の自分の失敗をメモしておく

Amazonで購入

 

楽天で購入

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

この本をおすすめする方

  • 何かを売りたい方

  • SNSをやられている方

  • 自分はよく買い物してしまうなと思っている方

悪用現金のずっと読みたかった本でした。(メンタリストDaigoさんのおすすめの書です!)

こちらは多くの方が読むべきだとおすすめしてくれる本です。

マーケティングは、商売人が身につけるべきテクニックではなく、全ての方が勉強するべきものだと思います。

本書では、30の法則(テクニック)がわかりやすい例とともに書かれています。

この本を読めば、自分がものを売る時も役立ちますし、自分が売られる時も役立ちます。

皆さんはきっと、ものを購入したくなるときはこの法則のどれかに当てはまっているはず。

ぜひ読んでみてください。

一生分のマーケターの知識が身に付きます。

アクションプラン

  • SNSの発信でも、実験してみる

  • 顧客が購入するパターンを本書に当てはめる

  • 自分がものを購入したくなった時に、このパターンにあてはまっていないか確かめる

Amazonで購入

 

楽天で購入

ビジョナリーカンパニー(2) 飛躍の法則

この本をおすすめする方

  • 自分を変えたい方

  • ビジョンの魅せ方を知りたい方

  • 優れた企業の共通点を知りたい方

有名どころの本です。

優れた企業は、まず、人材を選ぶ。

それから、目標を決める。

企業は人財で決まる。

皆さんも使っているかもしれない、「Netflix」も優れた人材を雇用して、その方に気持ちよく働いていただくことで、ものすごい業績をあげている。

この一冊には、企業のエッセンスが詰め込まれています。

自分が興味深いと思ったのは、以下の部分です。

どの企業も魔法の瞬間(はっきりとした転換点)はない。そこにあるのは、さまざまな点の集合である。

企業というと、何か大きなものを想像してしまうが、自分だって、自分自身を経営する小さな企業であると考える。

自分という企業を成功するためにも、小さな成功体験を大事にしていきたいと強く感じた。

どの分野でも自分が優れた分野に情熱とエネルギーを注いでいく。

そのために、努力は欠かせないし、自分にとって無駄なものは削いでいかなければならない。

アクションプラン

  • 人間力を磨く

  • 原因自分論で考える

  • 自分が他人よりも優れた部分を探す

Amazonで購入

 

楽天で購入

マッキンゼー流 入社1年目 問題解決の教科書

この本をおすすめする方

  • 新入社員の方

  • 問題解決の方法を知りたい方

  • 仕事ができる人間になりたい方

問題解決に関する本はたくさんあります。

しかし、この本はとても簡潔にまとめられています。

問題は、どの組織やどんな時期にも存在しています。

その問題解決をする方法を獲得すれば、人生がとても豊かになります。

問題解決をする際には、「真の問題は何か?」を考えることが大事になってきます。

どうしても、目の前で起こっている問題自体を解決しそうになりますよね。

でも、大事なのは、潜在的な課題はなにか?ということを深ぼっていかなければなりません。

これって、結構大変ですよね。。。

初めから、これを完璧にするのは無理かと思うので、自分配下のような順序で考えるようにしようと思いました。

  1. 「あるべき姿」を考える。
  2. 仮設をたてる
  3. 「誰に、何を、どのように」を必ず考える

この①〜④のことを考えていきたいと思います。

問題解決の手法は、知っておいて損はありません。

ぜひ手に取ってみてください!

アクションプラン

  • あるべき姿を考える

  • 問題の本質を考えるようにする

  • 情報を聞いたら、そこからパターンを想像する

Amazonで購入

 

楽天で購入

『いい質問』が人を動かす

この本をおすすめする方

  • 人を動かしたい方

  • 質問がもつ力に気づきたい方

  • 部下を持つ方、チームをまとめる役割をしている方

皆さんが普段している「質問」って実はものすごい力を持っています。

人間はどんな時に行動し始めるでしょうか?

他人から言われた時ではなく、「自分で気づいた」瞬間です。

それでは、自分で気づかせるために何が大切かというと、それが「質問」なのです。

質問には、相手を強制的に特定の方向に考えさせる力があります。

この質問の力を知っていると、相手を動かすこともできます。

自分がほしい情報を得るためには、相手から答えてくれるのをまっていてはいけません。

自分が求める答えをいただけるように、質問していくことが大事です。

本書では、質問が持つ力を再確認することができます。

相手を動かしたい方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

アクションプラン

  • 目標達成のために、自分自身に質問をしていく

  • 「私はなんのために質問をするのか」を質問の前に問いかける

  • 人を動かすことができる質問をするために、質問のシナリオを考える

Amazonで購入

 

楽天で購入

未来を先回りする思考法

この本をおすすめする方

  • 企業・政治の行き着く先を知りたい方

  • 今後、社会はどのように進展するのかを知りたい方

  • なぜ、GAFAは世の中の変化に追従できるのか興味のある方

『これは本当に2015年に出版された本なのか?』

こちらがまず、疑問に思いました。

これこそ、未来を先回りしていると思わされる、そんな本でした。

今、巨大IT企業である「GAFA」は、創業時から社会の変化を一本の線として捉えている。

だからこそ、時代の先駆者となるようなことを次々とやり遂げています。

この本を読めば、未来を先回りする思考法が確実に手に入れられるかといえば、それは嘘です。

しかし、I Tでなく、経済・政治のことについても今後どのような変化をしていくのかを少し垣間見ることができます。

ビジネスに関わる方は、ぜひ一読してほしい、そんな本です。

アクションプラン

  • 世の中は今後こうなるのではないか?というような仮説を持つ

  • 儲かっている企業はどうして安価な価格設定をしているのかを考えること

  • 企業にとって、どんなものが最大の価値とは何なのか?を考える

    (必ずしもお金で全てを測れるものではない。そのヒントは、創業時の思いにある。)

Amazonで購入

 

楽天で購入

言葉にできるは武器になる

この本をおすすめする方

  • 言葉の力を(改めて)知りたい方

  • 相手が行動を起こすように働きかけたい方

  • 相手に伝える伝え方のテクニックを知りたい方

本書は目から鱗の本です。

ビジネス・SNSで発信力をつけたい方は、読むべきだと思います。

本書に書いてあるテクニックを自分自身も使用していきたいと思います。

特に、後半部分はすぐに実践したいと思われる内容ばかりです。

あなたの周りにいる影響力が強い方は、おそらくこの秘密を知って実践しているのだと思います。

アクションプラン

  • 相手に何を伝えたいのかを悩まず、考える。

  • 意味がわからない言葉は曖昧なまま、使用しない。

Amazonで購入

 

楽天で購入

金持ちフリーランス 貧乏サラリーマン

この本をおすすめする方

  • フリーランスのメリットを知りたい方

  • フリーランスで成功する秘訣を知りたい方

  • サラリーマンのままでいて良いのか疑問に思っている方

フリーランスにはメリットがたくさんあるって知っていましたか?

一方で、サラリーマンのままでいても良い人はごく少数の方しか当てはまらないという残酷な真実も書かれrています。

そのサラリーマンのままでいて良い人の条件とは●●である。

答えを知りたい方はぜひ、実際に読んでみてください。

また、フリーランスの方が成功する方法も記されています。

フリーランスになることを考えている人は必読の一冊です。

アクションプラン

  • 相手が働きやすいように自分が動く

  • 影響力をつけるために、まずはSNSで自分の考えを発信する

  • 社内だけで通用する力以外をつける(文章能力向上に向けてブログ更新)

Amazonで購入

 

楽天で購入

モチベーション革命

この本をおすすめする方

  • 若手社員を部下に持つ上司の方

  • 仕事に対するモチベーションの変遷を知りたい方

  • 現在の仕事に対して、モチベーションが湧かない方

少し前の時代と今とでは、人々が仕事に対するモチベーションが異なっています。

そんな言語化できそうで、できていないことを本書では解説してくれています。

個人的には、本書を読んで何かもやもやとしていた仕事に対する思いが晴れた気がします。

今後の時代は、仕事とプライベートを分けないことができると強いなとよく聞く言葉の意味を教えてくれるそんな一冊。

ぜひ、ごひ一読を。

アクションプラン

  • 自分のモチベーションの上げ方を知っておく

  • 相手のモチベーションを上げられるような話し方の勉強をする

  • 仕事とプライベートを分けなくても良いような仕事を見つける

Amazonで購入

 

楽天で購入

常識の1ミリ先を考える。あなたの着眼点を変える15講

この本をおすすめする方

  • 企画力をつけたい方

  • SNSでバスラせたい方

  • 売れる本の作り方の極意を知りたい方

この内容って書いちゃっていいの?と思うようなことが書かれています。

あなたは、売れる本はパターンを知っています?

売れる本は、いつの時代も内容は大きく変わっていません。

それはどんな内容なの?大きく内容は変わってないのになぜ売れるの?

ヒントは、〇〇を解消させるノウハウが書かれているということです!
これは、本だけではなく、SNSでも

疑問を持った方・答えを知りたい方は、ぜひこの本を手に取ってみてください。

新たな着眼点が身につくと思います。

アクションプラン

  • 影響力をつけていく

  • バスリを狙っていく

  • 世の中のヒット商品の共通点を探していく

Amazonで購入

 

楽天で購入

行動が結果を変えるハック大学式最強の仕事術

この本をおすすめする方

  • 若手社員の方

  • 仕事ができるようになりたい方

  • Youtubeでペソさんの動画を見ている方

ビジネス系Youtuberのハック大学のペソさんが書かれた本。

ビジネスをする上でマインドセットや思考、行動がまとめられております。

印象に残ったのは、序盤で紹介されている「キャリア構築と航海」とを比較している箇所です!

その他にも、ビジネスマンにとって必要な下記事項がまとまっています。

個人的には、「思考」の部分は、会社の研修でも学ぶことかと思うので、復習程度に読む程度で良いと思います。

転職を繰り返してきたペソさんだからこそ、この比較はなるほどなと思いました。

「この本をおすすめしたい方」に当てはまる方は、もちろん転職を考えている方にもおすすめ本です。

これを読んで、できるビジネスマンに近づくましょう!!

アクションプラン

  • 職務経歴書を記入する

  • 会社の外に目を向ける

  • 自分のキャリアプランを考える

Amazonで購入

 

楽天で購入

-読書

© 2021 FIRELab