読書

【読書不足と感じている方向け】自分を変える本のレビュー

スポンサーリンク

たか

皆さん、読書していますか?

社会人のほとんどの方は、読書をしていません。

そんなことを言っている自分も2020年は読書をしたり、しなかったりを繰り返していました。。。

しかし、読書をし続けて勉強して、実践していけばこれまでの自分の世界を変えられます!

2021年、読書をして知識をつけ実践する年。読んだ本は、レビューとしてこの記事で紹介していきます。

これは、読んていった本を紹介するという記事。

この記事は記事をみてくださる方と共に成長していきます!

皆さんが読んでみたいと思える本があれば良いなと思っています。

全ての本で、「この本をおすすめする人」も書いていますので、ぜひ参考に♪

本のレビュー①

こちらでは、まず10冊の本を紹介していきます!

ストーリーとしての競争戦略

ポイント

  • ストーリーがもたらす凄さについて知りたい方
  • 戦略の重要さについて知りたい方
  • リーダーシップについて知りたい方

勝負を左右するのは、戦略の流れと動きをである。

この世の中で競争は、どこにいってもつきまとってくる。

その競争において、戦略を立てることは非常に重要である。

優れた戦略は、思わず人に話したくなるようなもの。

つまり、人の記憶に残りやすいものことこそが大切である。

これは、右脳思考ともリンクする内容である。

自分は本書を読んで、自分自身の戦略は立てているのか?

それは人に思わず話したくなるものなのか?

と自問してみた。

まだまだ、その領域には達していないため、自分の人生の戦略を感上げていきたいと思った。

リーダーシップにおいてもストーリを作ることは重要である。

このストーリーをつくる力をつけていきたいと強く思った一冊でした。

アクションプラン

  • 成功イメージを持つ
  • ストーリーを人に話す
  • 戦略ストーリーをつくる

Amazonで購入

 

楽天で購入

経営の失敗学

ポイント

  • 成功するために大拙なことを知りたい方
  • 失敗学について学びたい方
  • ハウツーだけを追いかけてしまう方

ビジネスに必勝法はない

この本には、このように書かれています。

経営者にできるのは、以下に2点のみ

成功する確率をあげていく

リスク管理

成功の条件は、

  1. 戦略
  2. 努力

①②はどうにかできるか、③だけは自分ではどうしようもない。

本書では、経営において、教科書の理論をそのまま使ってしまうのは危険であるとされている

また、巷に溢れている表面だけに注目してハウツーをそのまま使用することは危険であるとしている。

経営というものは、その時だからこそ成功したという例が多い。

そのため、成功するためには、戦略をしっかりと練ることが重要である。

戦略がないことは、地図をもたずして航海にでるのと同じだからだ。

この本を読んで、改めて戦略をたてることの重要性を学んだ。

経営のみならず、人生においても必勝法はないが必敗法はある。

戦略を持たないのは必敗方の一つである。

アクションプラン

  • 戦略をたてる
  • 自分の提供価値を考える
  • 実行後に定点観測をする

Amazonで購入

 

楽天で購入

私の財産広告

この本をおすすめする方

  • かつての成功者が実践していた方法を知りたい方

  • 凡人が勝つ方法を知りたい方

  • 豊かな人生を送りたい方

本田静六さんが書かれた本。

彼は、貧農に生まれながら苦学して東大教授になり巨万の富を気づきました。

また、その富を寄付したとされる偉大な人物です。

彼がこの本で書かれている

「好景気の時には貯金や倹約をして、不景気の時は思い切った投資をする」

ということを実践していきたいなと思います。

また、職業は初めは苦しいが、その後に面白みがでてくる

「職業の道楽化」を誰もが目指されば、人生が豊かになると考えます。

この「職業の道楽化」をするためには、「打ち込み続ける」ことが大事。

「天才マイナス努力」<「凡才プラス努力」

この不等式を成立させるまで頑張りたいと思います。

皆さんもこの本を読めば、人生を豊かにするきっかけがなにか掴めるのでは

ないでしょうか。

ぜひ、ご一読を!!

アクションプラン

  • 投資を今後も継続していく

  • 1つのことに打ち込んでいく

  • 職業の道楽化を目指していく

Amazonで購入

 

楽天で購入

仕事と心の流儀

この本をおすすめする方

  • 仕事がつまらないと思っている方

  • 仕事と向き合う心について知りたい方

  • 仕事で失敗しないための方法を学びたい方

仕事との向き合い方について、書いてある本です。

本書を読んで、感銘した言葉は以下です。

きみはアリになれるか。

トンボになれるか。

人間になれるか。

入社10年目くらいは、目の前のことに対して一生懸命に活動する。

30代半ばから、複眼的な視野を持って、物事を考える。

40代後半からは、部下や後輩などを思いやる優しい心をもち、「利他の精神」で

相手に接する。

まず、自分はアリになるべく、与えられた仕事を完璧にしていくこと。

そして、複合的な視野をもつトレーニングをしていこうと思いました。

また、ビジネスの世界では、自己評価は何のたしにもならない。

他人の評価こそ、全てである。

他人に評価していただくために、自身の行動をアピールしていきたいと感じた。

皆さんも仕事に対する向き合い方が多少なりとも変化するはず!

ぜひご一読を!

アクションプラン

  • 利他の精神を持つ

  • 単純作業にも効率性を求める

  • 自己評価は何の足しにもしない

Amazonで購入

 

楽天で購入

右脳思考

この本をおすすめする方

  • 相手への伝え方を知りたい方

  • 右脳思考とは何かを知りたい方

  • 人を動かすテクニックを知りたい方

人は感情で動く

本書を読んで、

直感や経験で気づいたこと(右脳思考)を、後からきちんと論理的に武装すること(左脳思考)が

大事であることがわかる。

人間にある右脳と左脳をどちらも使っていくことで、より良いものになる。

理論的に検証できなければ、成功は見込めない。

また、痛みを伴う提案にはストーリーが大切である。

これは、色々な本でも言われていることであるが、やはりストーリーは欠かせない。

人はストーリーを通して伝わることで、記憶に残りやすくなる。

ここで感情移入させることが大事です。

この感情移入させていき、周囲の方を共感させられる能力を身につけていきたいと考えます。

アクションプラン

  • ストーリーをつける

  • 論理的に正しいのかを確認する

  • コニュニケーションは理屈通りにはいかないことを知る

Amazonで購入

 

楽天で購入

残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方

この本をおすすめする方

  • 人生で勝ち残りたい方

  • 何かを成し遂げたい方

  • これからの時代の勝ち方を知りたい方

人生を最終的に買っていくのはどんな人物だと思いますか?

本書では、「自分が立てた方針通りに時間とお金を自分に投資できる人間」

と描かれています。

何もお金だけが財産ではない。

自分の時間も投資対象である。

今の時代は、無駄の排除のためにテクノロジーをいかに活用していくかの時代に

なるとも書いてある。

自分の時間を有効活用していくために、自分の時間を買うようにしていきたい。

人間はある日、いきなり成長したり何かを成し遂げることはできないからこそ、

日々の積み重ねを頑張っていきたい。

皆さんも勝ち残る方法を知りたくありませんか?

アクションプラン

  • 時間を買うようにしていきたい

  • 時間もお金と同様に投資していきたい

  • 自分の時間の使い方も計画していきたい

Amazonで購入

 

楽天で購入

桃太郎のきび団子は経費で落ちるのか?

この本をおすすめする方

  • 日本昔話を読んでいた方

  • お金の勉強を挫折してしまった方

  • 税金のことについて、わかりやすく知りたい方

このタイトル、そそられませんか?

自分は「なんだ、この本?」そんな思いで、本を手に取りました。

この本は皆さんが読んだことのある昔話を例に、税金についての知識をつけることができます。

経費のことや減価償却のこと、相続税などのことがわかりやすくまとめられています。

自分は何度かお金の勉強を始めて、挫折したことがあります。

でも、この本は簡潔に物語べースでまとめられていたので、すごく良いです。

昔話を読んだことのある方ならば、いつの間にか読み入ってしまうはずです。

ぜひ、一読していただきたい、そんな一冊!

アクションプラン

  • 簿記の勉強をする

  • 税金の知識をつける

  • 確定申告から逃げない

Amazonで購入

 

楽天で購入

超ど素人がはじめる米国株

この本をおすすめする方

  • 米国株について知りたい方

  • ほったらかし投資に興味がある方

  • なぜ米国に投資するのか理由を知りたい方

米国株投資って皆さん、聞いたことがありますか?

今の時代は、米国(アメリカ)の株が日本にいても買えます。

本当に恵まれています。

米国の株式市場は世界で一番有名かつ、たくさんのお金が動きます。

また、米国は一番成長している株式市場です。

米国に投資をすることは、この世界で一番優れた方法です。

この米国株式について、本書ではわかりやすくまとめられています。

自分自身、米国株式をはじめようと思っていましたが、正直わからないことが多かったです。

しかし、この本を読んで、理解が深まりました。

今後、米国株式に挑戦して、自分の資産を増やしていきたいと思います。

皆さんも一緒に投資頑張ってみませんか?

入門者にとって、この本はとても役立つと思っています!

アクションプラン

  • セクターについて勉強する

  • 定期的に自分のポートフォリオを見直す

  • 米国株を自動的に買い付けする仕組みをつくる

Amazonで購入

 

楽天で購入

交渉学が君たちの人生を変える

この本をおすすめする方

  • 交渉で優位に立ちたい方

  • 交渉学について学びたい方

  • 心理学が交渉に与える影響を知りたい方

人生で交渉をしたことがない方はいないと思います。

例えば、引っ越しの際を考えても以下のような少なくとも交渉が発生します。

引っ越しの際の交渉ポイント

  • 新たな住居への敷金・礼金の相談
  • 引っ越し業者の選定
  • 現在の住宅から退去する際の修繕費用の相談

人生の重要な部分で交渉ごとは発生しています。

ということであれば、交渉を制することは人生を制するといっても過言ではありません。

人生の交渉について、

Best Alternative To a Negotiated Agreement (不調時対策案)

が重要です。

このBATNAを知っているか知らないかで、自分が優位にたてるかが決まります。

※BATNAについては、こちらの記事も参考にしていただきたいです。

交渉のプロセスや交渉の種類など、交渉が多い方は読んでおいた方が人生が豊かになるかも!

ぜひ一読を!

アクションプラン

  • 返報性の原理をうまく活用する

  • 交渉の際は、事前準備に力を入れる

  • 高い買い物をする際は、必ず相見積もりをとる

Amazonで購入

 

楽天で購入

-読書

© 2021 FIRELab